大切なもの いつまでもキレイに | クリーニングトミー オフィシャルサイト | 栃木県宇都宮市

QUALITY

品 質

トミーが誇る最高品質のシミ抜き技術

TOMMY PREMIUM

PREMIUM(プレミアム)とは『上質・上等』を意味します。
トミーのサービスはすべてがプレミアムでその品質がお客様の大切な衣類をいつまでもキレイに保つことにつながっています。

落ちないシミ、おまかせください

SUSUMU FUKUTOMI

クリーニングトミー代表の福冨 進は少しでもお客様に安心していただけるべくクリーニング師の国家資格を取得し、あらゆるシミの落とし方について日々研究努力を重ねています。
また京都に本部を置く日本最大のシミ抜き勉強会「京技術修染会」の最終検定試験を優秀な成績で合格し、修了証を授与されました。
より素晴らしいシミ抜き技術を学ぶため、大阪や広島、東京など全国のシミ抜き勉強会のみならず、溶剤管理、特殊クリーニングなどお客様のお役に立てる技術を学んでおります。

クリーニングトミー代表福冨進

CLEANING TOMMY 代表 福冨 進

CASE STUDY

シミ抜き・色修正 事例

CASE #001

色修正及び色補正

こちらのお品物はダウンジャケット。左袖が紫外線(お日様の光)にて色焼けてしまい、着用が難しいです、とご相談されました。
生地に足らなくなった色を作り、ピースガン(エアブラシ)で染めて行きます。次のお洗濯やクリーニングにも耐えるような薬品も一緒に入れて有りますので、安心して着用が可能になりました!

CASE #002

時間が経ったシミの復元加工処理

こちらのジャケットはクローゼットにしまっておいたらシミが付いていたというお困りごとのご相談です。
恐らく、このシミが付いていたときは無色透明でしたが、酸化して浮き出たシミです。子供の頃にやった事があると思いますが、果汁のあぶり出しという紙に文字が茶色に浮き出てくるモノの洋服版ですね!これは変色に近いです。
シミの部分に特殊な薬品と蒸気にて酸化漂白を施し、シミを消していきます。これを復元加工処理と言います。

CASE #003

作業服のインク処理

恐らくポケットにボールペンを入れて放置したか、お洗濯にて出てきたシミです。
何種類もの薬品を使いますのでこれだけで、結構時間がかかります。生地も問題なくシミだけキレイに抜けてくれました!

CASE #004

ビンテージのキャップ色補正

汗などで色が褪せて且つ抜けてしまったとご相談されました。
これに合う色を作成し何度も重ねて塗っていきます。新品に近い仕上がりになりました。ぜひご相談ください!

CASE #005

ナース白衣の洗濯事故

ナースの方々は、いつもポケットにペンを入れて活動されます。なので、結構ポケットのペンを入れたままお洗濯される事があるそうです。
制服なので替えが無く、お困りでした。何種類モノのインクだったので一つ一つ取り除く作業でした。とてもキレイになり感動されましたよ!